Medical content

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症

腰痛

腰痛を訴える患者さんの大半は、「整形外科」に行きます。そこで、レントゲン撮影をすると、「骨に異常はありません」、高齢であれば「老化現象ですから治らない」と説明され、湿布や鎮痛剤などをもらいます。そして、「しばらく様子をみましょう」と言われたまま、一向に完全に治らないといった経験者は多いのではないでしょうか。

よく“腰痛”“坐骨神経痛”といわれますが、これは“頭痛”“腹痛”と同じく、正式な病名ではなく、一つの症状の名前です。その原因によって、正式な病名があり、それを、診察によって突き止めてゆきます。
“MRI”等の最新設備の普及とともに“椎間板ヘルニア”と診断されるケースが増えています。手術を勧められる場合もありますが、すぐに手術をせず、数カ月間は、保存療法(手術以外の治療法)で経過を観るのが賢明です。慢性腰痛や、足のしびれに苦しめられたまま、あるいは、年齢のせいで治らないと、諦めかけている方は、是非もう一度、痛みの原因を明確にしましょう。適切な治療と、生活指導、運動療法をすれば、完全に治癒はできなくとも、痛みなどの症状がとれて、より快適な生活ができます。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア 腰椎椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛を起こす有名な病気です。発症年令は、青壮年期、20代から40代に、最も多くみられます。人間の腰椎の骨と骨の間に、"椎間板"という軟骨と、靭帯からなるお盤状の輪が、クッションの働きをしています。

過激な運動、肉体労働、腰椎のずれにより、椎間板周辺の繊維が、一部断列したり、あるいは髄核が、飛び出したりする事によって、腰骨の後ろの神経を圧迫します。軽度の場合は"椎間板症"と呼ばれ、繊維性軟骨が完全に脱出して、戻れなくなっている状態のことを、"椎間板ヘルニア"と言います。

膨らんだ椎間板や、脱出した髄核によって、神経が圧迫されると、神経が炎症を起こします。お尻からモモの後ろ、あるいは外側、足の先まで痛みが走り、いわゆる坐骨神経痛の症状が現れます。神経の圧迫程度によって、シビレ、筋力低下、神経の麻痺を起こす場合も、少なくありません。

症 状

主要症状は、腰から殿部、下肢にかけての痛みです。早期の場合には、膝、下肢の痺れを訴えて、受診する場合もあります。
重症の場合は、「腰が健側(痛くない方)へ曲って、真直ぐに伸びない」「夜も背臥位(仰向き)で寝れない為、横を向いて海老のように寝ると、何とか眠れる程度になる」「長時間、腰掛けたり、歩いたりすると、痛みが強くなる」「咳や、くしゃみをすると、腰や足へ響く」などが特徴的な症状がでます。

治 療

椎間板ヘルニアの治療原則は、保存療法(外科手術以外の治療法)が第一です。保存療法によって、約90%以上の患者さんに、症状の改善が得られます。初期治療の約3~4週間で、最終的な治療効果の予測ができます。半年間の治療により、8割以上に、ヘルニアの縮小、消失がみられ、痛みなどの症状がなくなります。

椎間板ヘルニアが、手術適応になるのは、以下の場合です。

①膀胱直腸障害(大便、尿の失禁)を伴う。
②神経の麻痺や下肢の筋力が著しく低下した。
③保存療法への抵抗(長時間通院できないなど)がある。

結論と予後

椎間板ヘルニアは、20世紀後半に、一時は、約9割り以上の患者が手術をする時期がありました。しかし、その後、手術の治療効果を冷静に検討した結果、手術療法の適応例が、かなり減少し、今では1割り以下になりました。そして、椎間板ヘルニアの治療は、最初に必ず、保存療法が試みられるという段階に至っています。
注) ここでの保存療法とは、外科的手術以外の治療です。

腰椎椎間板ヘルニアの場合には、安静、牽引、硬膜外ブロック、鍼灸治療などが有効です。

ただ、椎間板ヘルニアに対する保存療法も、そう簡単に治せるものではありません。まず、ある程度長期治療の覚悟が必要です。また、痛みなどの自覚症状がなくなっても、けっして完全に治癒したわけではありません。定期的なケアや、水泳、ストレッチなどの運動を励行し、再発を防ぐことが、最も大事なことになります。
欧米での大規模調査の結果によると、腰椎椎間板ヘルニアは、1年で約6割が、5年で約9割以上が、完全治癒できるとあります。この調査は、保存療法によって、予想以上の好成績が期待できることを物語っています。

二分脊椎症

腰痛で、仙骨と腰椎との真中を圧した時に、痛みを感じたら、先天的に仙骨が分離しているかも知れません。仙骨の分裂は、先天的な奇形で、日本人の約2割にみられます。日常生活上は、特に問題はありませんが、20歳前後に、ちょっとしたきっかけで、ギックリ腰や、慢性腰痛などを発症します。

症 状

ギックリ腰などの腰痛と同じく、ちょっとした軽い動作での突然の腰痛、もしくは、原因はよく判らないが、次第に腰が痛くなり、前に屈むなどの動作で痛みが強くなります。ウエストラインより下の、真中を圧すと痛みがあります(ない方もいます)。レントゲン撮影をすると、仙骨正中の融合不全(二分脊椎)がみられます。

二分脊椎症

当院の治療の特徴

  1. 健康堂では、開業16年以来、数多くの椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の患者さんはご来院され、施術を通して、症状が改善されました。
    椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症に対する治療法も当院が得意とする治療の一つです

    眼瞼下垂

  2. 手術しない独自な治療法。
    独自な鍼灸治療、トウ氏奇穴、奇経法を使い、効果の高いツボ刺激をすることにより筋肉や神経の働きが活発になり、血液の循環をよくすることになり、腰痛の症状改善につながります。また鍼灸で自律神経のバランスを調整して、交感神経の異常による神経痛にも効果を挙げられます。
    当院における鍼灸治療は東洋医学の脈診、腹診を行い、治療目標は体質を改善することによる根本原因の除去です。薬物治療のような対処療法ではありません。
    そのため、鍼灸治療で改善できた症状は再発しにくいのが特徴です。
    薬物治療により改善が見られない場合や症状を繰り返すような場合は当院の鍼灸治療をお勧めいたします。


    眼瞼下垂

  3. カウンセリングと自宅ケアはしっかり指導
    施術後の変化を確認頂き、お身体の状態や今後のアドバイスをさせていただきます。
    来院頻度や自宅でのケア方法、気になることなどを丁寧にお答えします。

    眼瞼下垂

  4. マスコミも注目
    開業以来、多数のマスコミに取材
    され、冷総院長は『プレジデント』に「つぼの達人」として紹介されました。
    眼瞼下垂

推薦する医師などの声

料金

治療料金  保険併用診療  5200円/回(約55分)
      自由診療    6800円/回(約60分)
初診料   1000円
初回の方は是非クーポン券をご利用ください↓
初回ネット割引